日本マーケティング・サイエンス学会では年二回、研究大会を開催しています。

第99回研究大会

〔日付〕2016. 6.11(土)・12(日)

〔会場〕東北大学

    

研究大会プログラム

非学会員の研究大会学会参加・聴講について

非学会員の研究大会参加・聴講については、下記の該当する書式をダウンロード、記入して事務局(送付先参照)に提出して下さい。参加の可否を後日連絡致します。
会場案内に明記されている締切日までにお申込ください。
参加料3,000円を当日お支払いください。
(1) 非学会員(一般)について
 所定の書式(ダウンロード)を、ご本人が記入して下さい。
(2)非学会員(大学院生)について
 所定の書式(ダウンロード)を本人が記入、指導教員の方にも記入していただいてください。
(3)非学会員(学部生)
 下記の条件で認めています。指導教員が推薦書式(ダウンロード)を記入、学生にも必要事項を記入してもらってください。
 ・大学院への進学を希望している、もしくは研究報告に貢献したなど、マーケティング・サイエンスの発展への(今後の)寄与が期待される学部生に限定する。
 ・参加形態は「聴講」とし、研究報告への質問は不可とする。
 ・学会での言動などについてマーケティング・サイエンス学会員である教員に事前に指導して頂く。
 ・マーケティング・サイエンス学会員である教員が、所定の書式をもって聴講学部生を推薦する。
 ・一人の教員が推薦できる学部生は研究大会あたり最大5名とする。

学会発表検索サービスの使い方
開催回開催日会場プログラム
第98回2015.12.12(土)・13(日)株式会社電通 電通ホール
第97回2015. 6.13(土)・14(日)大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス
第96回2014.11.29(土)・30(日)筑波大学 東京キャンパス
第95回2014. 6.21(土)・22(日)関西学院大学 上ヶ原キャンパス
第94回2013.12.7(土)・8(日)株式会社電通
第93回2013. 6. 8(土)- 9(日)長崎大学
第92回2012.12. 8(土) - 9(日)株式会社 電通 電通ホール
第91回2012.6.23(土)-24(日)名古屋大学 東山キャンパス
第90回2011.12.3(土)-4(日)株式会社 電通 電通ホール
第89回2011.6.18(土)-19(日)関西学院大学 上ヶ原キャンパス
第88回2010.11.27(土)-28(日)株式会社電通 電通ホール
第87回2010. 6.26(土)-27(日)大阪大学豊中キャンパス
第86回2009.12. 5(土)- 6(日)株式会社電通 電通ホール
第85回2009. 6.20(土)-21(日)京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス
第84回2008.11.29(土)-30(日)株式会社電通 電通ホール
第83回2008. 6.21(土)-22(日)大阪府立大学 経済学部1号館
第82回2007.12. 8(土)- 9(日)成蹊大学
第81回2007. 6.16(土)-17(日)関西学院大学 上ヶ原キャンパス
第80回2006.11.25(土)-26(日)青山学院大学 相模原キャンパス 
第79回2006. 6.24(土)-25(日)摂南大学 寝屋川キャンパス 
第78回2005.12.10(土)-11(日)法政大学 ボアソナード・タワー 
第77回2005. 6.11(土)-12(日)東北大学 川内キャンパス 
第76回2004.12. 4(土)- 5(日)立教大学 池袋キャンパス1号館 
第75回2004. 6.11(金)-12(土)福岡大学 文系センター棟 
第74回2003.11.28(金)-29(土)株式会社電通 電通ホール 
第73回2003. 6.27(金)-29(日)大阪大学 経済学部講義棟 
第72回2002.12.14(土)-15(日)東京大学 経済学部 
第71回2002. 6.29(土)-30(日)関西学院大学 上ヶ原キャンパス 
第70回2001.12. 7(金)- 8(土)法政大学 ボアソナード・タワー 
第69回2001. 6.22(金)-23(土)小樽商科大学 商学部 
第68回2000.12. 2(土)- 3(日)東京大学 経済学部 
第67回2000. 6.23(金)-24(土)大阪府立大学 学術交流会館 
第66回1999.12. 4(土)- 5(日)専修大学 生田校舎 
第65回1999. 6.26(土)-27(日)甲南大学 
第64回1998.12. 4(土)- 5(日)筑波大学大学院 
第63回1998. 6.27(土)-28(日)関西学院大学 商学部 
第62回1997.12. 6(土)- 7(日)学習院大学 経済学部 
第61回1997. 6.28(土)-29(日)大阪大学 経済学部 
Copyright (C) 2006-2016 Japan Institute of Marketing Science. All Rights Reserved.