JIMS100に向けて

JIMS100を記念して、以下の方向性で各種の取り組みを進めています。

研究能力の強化

レビュー・ワークショップ・プロジェクト
 特定のテーマに関して、文献レビューを行い、研究大会で報告、レビュー論文としてまとめます。現在までのところ、下記のテーマでレビューが進められています。
  「消費者行動のマーケティングサイエンスへの応用」
  「顧客関係管理 Customer Relationship Management」
  「機械学習手法のマーケティングの理論・概念への応用に関する研究のレビュー」
  「Diffusion Review」
  「IO と行動経済学のマーケティングサイエンスへの貢献」
  「マーケティングのためのデータ活用」
  「新メディア環境におけるマーケティング革新の研究」

国際化

海外研究者の学会への招聘、特別セッション開催
 MANTRALA教授(University of Missouri)をお招きし、研究報告して頂く他、パネルディスカッションを行います。
研究奨励賞・海外発表助成金の創設
 同賞の受賞者による海外報告を奨励するために、副賞として海外発表助成金 (20万円)を支給することとしました。
学会報告での英語発表
 英語での報告を可能としました(事前に申請)。

国内関連分野との連携強化

ミート・ザ・エディター
 国内関連学会の編集長クラスの方をお招きし、研究の動向、方向性について議論します。

若手の育成、コミットメント強化

研究委員
 多くの若手研究者を任用。
研究奨励賞・副賞
 副賞を3万円から10万円に増額しました。

広報・情報提供の強化

ホームページにおける特設ページの設置
学会誌インデックスの掲載
Copyright (C) 2006-2017 Japan Institute of Marketing Science. All Rights Reserved.